おたすけが体感した豆乳の効果

「グビッ、グビッ、グビッ...ぷはぁ~。至福...」

風呂上り、カラカラの喉に冷たいビールや牛乳を勢いよく流し込んでこう思う人は多いだろう。
私の場合その品が豆乳なのである。あの豆くさい汁が好きなのだ。
飲んでいるのは無調整豆乳である。調整豆乳は変に甘く、
私の味覚だと、甘酒に水ぶち込んだような味がしてあまり好きではない。(味覚には個人差があります)

以前は、私も風呂上りはビールを飲んでいたのだが、
あることを心配して豆乳を飲むようになった。
心配事は痛風や肝硬変などそういった類ではない。
私が一番恐れていること...

「結論を言えばハゲ」
である。

おたすけの家系の頭皮は代々荒れ果てた荒野の持ち主なのだ。
私はなんとか自分の未来を守りたい...。
肥沃な大地を手に入れるために、髪にいいものを調べると
どうやら豆乳がいいらしい。
ちなみに、本当に効果があるのかわからないが、
以下が私が調べた限りの豆乳がもたらす効果である。


・抜け毛、育毛効果 → 男性ホルモンの分泌を抑制
・美肌効果 → ビタミンB,E、サポニンイソフラボンなど肌にいい栄養素&抗酸化作用
・便秘解消 → オリゴ糖が腸内のビフィズス菌の栄養となる
・脳の活性化 → レシチンが脳の情報伝達に関与する神経細胞を生成する
生活習慣病(動脈硬化脳梗塞、脳内出血)の予防 → レシチンが悪玉コレステロールを取り除く
・ダイエットサポート → サポニンが体内に脂肪がつくのを防ぐ
更年期障害対策 → エストロゲンに似た動きにより、エストロゲン減少が原因とされる更年期障害の辛さ緩和
・バストアップ → エストロゲンがバストアップに作用


上記以外にもあるかもしれないが、把握しているのはこれぐらいです。
全てに本当に効果があるならば、すばらしい液体ですね。
ただ、過剰摂取は以下のような副作用があるらしいです。


乳がんや子宮がんのリスク → イソフラボンが女性ホルモンに似た動きがあるので、ホルモンバランスが崩れる
・生理不順 → 女性ホルモンのバランス崩壊により、生理周期が早くなる&痛み悪化
・男性の女性化 → 男性でも胸が膨らんでくる&乳がんのリスク
・下痢や腹痛 → 何物も飲み過ぎはやばい


こんな感じです。
男性の女性化に関しては、中国のおっさんが2年間水みたいに豆乳をがぶがぶ飲んでいたら
Dカップ以上に胸が成長してしまったらしい。気になったら検索してみてください。
一日の適量は200mlみたいですよ。

さて本題。豆乳歴2年の私が感じた効果が以下の通りです。
(一日も休まずコップ一杯毎日飲みました)

健康診断に表れた効果
体重:53㎏(2015年) → 49㎏(2017年)
LDLコレステロール:161(2015年) → 135(2017年)

体に表れた効果
・便秘が全くない
・肌荒れが全くない

正直こんなもんです。
しかもこれが本当に豆乳のおかげなのかもわかりません。
体重はもともと太りにくいという体質もありますし...
肌もそんなに荒れてないので美肌効果もわからないし...

飲み始めてから体重の増加もないし、肌荒れも起こさないので
豆乳のおかげということにしておこう。

「あれ?肝心な髪への効果は?」

飲み続けていたのに、数々の仲間(毛根)を失ってしまった。
数十年後、もしそういった未来に辿り着いてしまったのであれば、そういうことなのである。