食材を殺すことに長けた人物が選ぶかっぱ寿司のおいしい寿司ランキングベスト5

どうも、自称一人回転寿司七段おたすけです。
さっそく一言物申させてほしい。

「マグロ一位とはこれいかに!」

今日なんとなく寿司が食いたくなり、
かっぱ寿司のランキングを見ていた。
上記はその時に一人ぼっちの部屋に響いた一言である。
うかつにもイオナズン的な勢いの独り言を放ってしまった。
外から、

「お母さーん!あそこの部屋からマグロって聞こえたー」

って聞こえたのは気のせいだろう。
(くそ...まさか外で幼女が一人で虫捕りしてるとは)

本題。
マグロなんて私に言わせたらベスト5にも入らない。
そりゃあ装備なしの状態だったらマグロ強いわ。
じゃあ装備品ありの時のランキングは?
何事にも最強装備ってあるだろう?
キマリ(FF10)だってロンギヌス装備したらほんのちょっと強くなる。
これと同じだ。
そこで、私がかっぱ寿司のおいしいお寿司ランキングを公開したい。

場を整え、

f:id:otasuke0411:20170823205021j:plain

さっそく発表。

第五位:生ハム+マヨネーズ

f:id:otasuke0411:20170823205509j:plain
小学生中学年の時に初めて生ハム+酢飯の組み合わせを経験して、その美味さに舌鼓を打った。私としてはさらにこれをカスタマイズしてマヨネーズを加えることによって、生ハムの塩気とマヨネーズが絶妙なハーモニーを奏でて、最高の一品として仕上げることができる。

第四位:まぐろたたき+マヨネーズ

f:id:otasuke0411:20170823205809j:plain
口の中でとろけるネギトロは素のままでもめちゃくちゃうまい。ただでさえ脂っこいのにこれにマヨネーズを加えて大丈夫なのか?答えはYesである。ネギトロの脂とマヨネーズの油が見事に調和して思ったよりもくどくならない。むしろ脂としてさらにワンラックアップするのだ。しっとりとした海苔とシャキシャキのネギも含め全ての具材が一体となる素晴らしい一品である。

第三位:エビ+マヨネーズ

f:id:otasuke0411:20170823205924j:plain
まずエビとマヨネーズが合わない訳がない。よくエビマヨというメニューを聞くが、これを生かすご飯は間違いなく酢飯である。酢の爽やかさとマヨネーズのクリーミーさが下の中で混ざり合い、プリプリのエビと抜群に合うソースが完成される。エビとマヨネーズが好きな人にはこれだけは外せない一品である。

第二位:はまち+タレ

f:id:otasuke0411:20170823210048j:plain
はまちにタレ!?と思うかもしれないが、意外や意外めちゃくちゃ合う。タレと言ったら普通は鰻や穴子など、一旦食材に火が通されたものに使用されるが、生魚にも合うものがあるのである。脂ののったはまちにねっとりした甘だれが調和して、見事に完成された一品に変身する。何故かマグロなどとは合わないが、はまちだけはこのタレとマッチする唯一の魚である。

第一位:オニオンサーモン

f:id:otasuke0411:20170823210142j:plain
これはもう手の付けどころがないくらい最高の一品である。素の状態で美味いとろけるようなサーモンとしゃきしゃきの玉ねぎ、そしてそこに控えめにいるマヨネーズ。それぞれ主張が強すぎることなく自分の役割を果たしており、子供から大人まで幅広い世代に適応できる寿司であることは間違いないと思っている。これをさらにおいしく食べる方法はないか模索しているが、今のところ見つかってはいない。

大食いの人に嬉しい食べ放題

知ってのごとくかっぱ寿司は食べ放題を実施するようになりました。

【大人】
男性:1,580円(税抜)
女性:1,580円(税抜)

【小学生】
780円(税抜)

【小学生未満】
無料
※保護者1名につき2名まで、3名以降は1名500円(税抜)

【延長料金】
テーブル10分:500円(税抜)

普段大食いの人は、一定量から上は料金を気にすることなく食べることができるので嬉しいですね。また、普段食べないようなメニューも気軽に食べれるのがいいところです。一人でも家族でも是非どんどんご利用してください。

まとめ

これが全てです。
全て装備品(マヨorタレ)がネタにマッチしている。

......。はい。
振り返ってみれば、結局はマヨラーが決めたクソランキングでした。いきってすいませんでした。あとカロリー取り過ぎてすいません。そして、貧乏なのに寿司食べてすいません。たまに贅沢してみたい時もあるんです。回っている寿司なので勘弁してください。

ランキングの五分の四にマヨネーズがかかっている中、
二位に異端児が紛れ込んでいる。
はまちにタレかなりおすすめです。騙されたと思って一度やってみてほしい。
ちなみに、これを友人に試させたことがあるが、なんか無言だった。
言葉にならないぐらいうまかったのだろうか?
あれ以来、この組み合わせで食べている姿を見たことがないが...。

以上、大学時代「味に迷いし者」という称号をもらった男がお送りした
ランキングでした。
異論は認める。