一冊の本でTOEIC780点を目指してみる

急ですがTOEIC780点目指してみます。
理由は、引っ越しの準備してたらこの本でてきたのでなんとなく。

f:id:otasuke0411:20170824202004j:plain

780点レベルぐらいまでいけるらしい。

f:id:otasuke0411:20170824205735j:plain

この本は、買ってから2日ぐらいで行方不明になった。
ゴミ屋敷の洗礼を受けよく帰ってきてくれた。
強くなって戻ってきたお前をちゃんと使ってやろう。

ちなみにおたすけのTOEICの点数は、
大学1年夏に受験した際に取った470点で止まっている。
この点数自体全然たいしたことはないが、大学入学時に250点だったので、
大幅な成長を見せた努力の結晶なのである。
まあ、英語力あげるために英語関係の学部入ったので、
この成長は当然なのかもしれないが...
ざっとまとめたおたすけの英語歴が以下になります。

高校時代オーストラリアに行き英語に興味を持つ

大学は英語関係の学部に入学(確かTOEIC250)

留学決めてたので留学前にTOEIC受験(470点)

約一年アメリカに留学

留学当初会話ができず帰りたくなる

数ヶ月後、相手が言ってることがほとんど聞き取れなかったので、
会話はこっちからの一方通行な力技で毎日乗り切る

留学中盤、「こっちの女性は好みのスタイルしてるなー」と
視野が広がり周りを見る余裕がちょっとだけでてくる

留学終盤、なんか会話が成立している

帰国後、動物に関する本を図書館で読み漁る

こんな感じです。
帰国後は授業ぐらいでしか英語に触れていなかった。
英語力上がっているのが体感できていたので、
調子のって余裕ぶっこいていたのだろう。

当時のおたすけよ...
帰国子女が日本を見下すあの凄くむかつく感じにだけは
なっていなかったことを願う。

そして、おたすけは日本で何をし始めたのかというと、
全然学部に関係のない動物行動学や動物生態学などの、
生き物に関する書物を読み漁っていた。
これは完全な趣味です。動物が大好きなので。
ただ、たまに英語の文献を辞書片手に読んでいたが、
英語からは結構離れた生活を送ってきた。

ブランクが空いた今どの程度までできるかわからないが、
とりあえず受験してみることにする。
ある程度点数とれて来たら、TOEFLなどに手を出すのも
いいかもしれない。
TOEICよりTOEFLの方が実用的みたいなのでね。

※次の受験日10月22日...(やべー結構すぐだな)

www.amazon.co.jp